脂肪が燃焼しやすくなる運動方法とは?

運動や筋トレを普段していない人には、普段と同じ食生活をしながら、運動と筋トレをするダイエットが効果的です。

 

 

このダイエットであれば、いつもの食事に気を使わなくてできるので、お勧めですが、ある程度長く行っていくことが必要です。運動や筋トレをしていきますが、無理なく毎日1時間することで、3か月すると効果が現れます。またいつもの食事と同じようにと食べて頂いて大丈夫ですが、運動をしたからといっていつも以上には食べないように心がけましょう。

 

では、運動や筋トレの仕方を説明します。まずは運動をする前に、軽く菓子パンを食べます。そのあとに筋トレをしましょう。基本的な腕立て、腹筋、背筋をします。プラスにスクワットをしてもらいます。筋トレをすることで筋肉がつき、新陳代謝がよくなります。また運動をする前に筋トレをする理由ですが、筋トレをして筋肉に刺激をあたえてから運動をすることで、脂肪が燃焼しやすくなります。

 

 

また、菓子パンを食べてブドウ糖を取り、筋肉に刺激をあたえてると、脂肪が燃焼しやすい状態になります。その状態にしてから運動をします。ではどんな運動をするかというと、乳酸素運動になります。一番いいのが、ジョギングになります。菓子パンを食べて、筋トレをした後にジョギングをすると体が脂肪を燃焼しやすい状態になります。30分もジョギングすればかなりの効果が得れます。

 

 

ただ30分ジョギングは厳しいですので、10分ジョギングして、10分歩きまた10分ジョギングするでも大丈夫です。これを毎日続けてもらいますが、毎日できないときもあります。その時は、せめて筋トレだけでもやっておいてください。この方法でダイエットしながら、食事も今まで通りして頂きます。食事の制限をすると、あまり長続きしません。

 

 

また運動をするので、食事をしっかりとり、体力をつけておく必要がありますので、食事の制限はしないでいいです。続けていくと、ジョギングにより足腰に筋肉がつき、またお腹周りや腕は筋トレで筋肉が付きますので新陳代謝がよくなり、体つきが変わり始めてきます。筋肉がつくと、今までより太りにくい体になり、現状の脂肪はジョギングで落としていきます。このやり方を続けていくことによって、ダイエットは成功します。