ワキガの原因は一般の人と比べて汗腺が多いこと

自分では気づきにくいが、周りの人に不快を与えてしまうのが体臭ですよね。

 

その体臭がキツイ人をいわゆるワキガと称しますが、このワキガの原因は一般の人と比べて汗腺が多いことが一つと考えられています。

 

汗腺はアポクリン汗腺とエクリン汗腺という2つの汗腺があるのですが、エクリン汗腺から分泌される汗はアポクリン汗腺に比べ含まれる成分が薄くそのほとんどが水分です。

 

一方アポクリン汗腺から分泌される汗の成分には、アンモニア・脂質・タンパク質・糖質等が含まれているため、この汗が皮膚に存在している常在菌に分解されることによって生じる副産物がワキガの臭いとなるのです。

 

つまりアポクリン汗腺が多い人ほど常在菌に分解する成分を分泌してしまうのでニオイを発しやすいということなのです。

 

ではアポクリン汗腺を少なくするにはどうすればよいのかという事になるのですが、アポクリン汗腺の多さ少なさというのは遺伝してしまうので、自分で少なくするというのは本来できません。

 

ですが現代医学ではこのアポクリン汗腺を除去する手術というのがあるので、もしニオイで迷惑をかけるのが嫌で手術をして取り除いて欲しいということであれば一度専門のクリニックで相談することをおすすめします。

 

手術が怖いという人は、このアポクリン汗腺から分泌した汗を常在菌に分解されないようにすればニオイの元は断つ事ができるという点を理解していただければ、汗をかかないよう通気性の良い服装をしたり、どうしても季節や場所によっては汗をかいてしまうので、汗をかいたと感じたらすぐにタオルやボディーシートで拭き取りましょう。

 

あとは毛量が多いとそれだけ蒸れやすく菌も繁殖しやすくなるので、特に男性の場合はワキの毛の処理を怠らないようにしましょう。

 

現在はワキだけでなく陰部周辺からワキガのニオイがする「すそわきが」で悩む方も多くなってきていますが、このすそわきがも原因はアポクリン汗腺によるものなので、上記同様にしてニオイを抑えることが可能です。

 

是非参考にしてみてください。